住友精化<4008>は急伸。前日に上半期決算を発表。営業利益は64.2億円で前年同期比72.0%増益となり、通期予想は従来の70億円から110億円、前期比36.3%増に上方修正している。吸水性樹脂事業を中心に、円安効果や販売価格是正効果が表面化しているようだ。加えて、配当方針を変更して、配当性向30%以上を基準にするとしており、23年3月期年間配当金も、従来計画の120円から200円にまで引き上げ、前期比80円の増配となる。