三洋化成工業<4471>は7日、子会社のサンノプコが、高機能分散剤の生産能力を増強すると発表。



高機能分散剤は、水系建築・工業塗料用の顔料分散剤、リチウムイオン電池やセラミックコンデンサなど電子材料用スラリーの分散剤など、様々な用途に用いられている。今後も需要拡大が見込まれる中国・東南アジア市場における水系建築・工業塗料および全世界的なリチウムイオン電池、セラミックコンデンサ等電子材料用分散剤の需要に対応するため、高機能分散剤の生産能力を増強することを決定した。



投資金額は約4億円で、現在の生産場所であるサンノプコの名古屋工場に新たに生産設備を設置し、2024年上期の稼働を予定している。