■業績動向



3.財務状況と経営指標

クリーク・アンド・リバー社<4763>の2023年2月期第2四半期末の総資産は前期末比1,542百万円増加の21,472百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では収益拡大に伴い現金及び預金が864百万円増加したほか、受取手形、売掛金及び契約資産が461百万円増加した。固定資産では有形固定資産が37百万円減少した一方で、無形固定資産が338百万円、投資その他の資産が13百万円それぞれ増加した。無形固定資産のうち、のれんは411百万円で前期末から254百万円増加している。



負債合計は前期末比72百万円増加の7,763百万円となった。有利子負債が69百万円減少した一方で、未払法人税等が162百万円、未払消費税等が62百万円それぞれ増加した。また、純資産は前期末比1,470百万円増加の13,708百万円となった。親会社株主に帰属する四半期純利益の計上等により利益剰余金が1,331百万円増加したほか、為替換算調整勘定が60百万円、非支配株主持分が40百万円それぞれ増加した。



経営指標を見ると、経営の安全性を示す自己資本比率は前期末比2.3ポイント上昇の62.8%となり、有利子負債比率は同1.9ポイント低下の11.4%となった。また、現金及び預金から有利子負債を差し引いたネットキャッシュも同934百万円増加の8,528百万円と過去最高水準まで積み上がるなど、収益拡大を背景に財務基盤の強化が進んでいることがうかがえる。



豊富な手元資金の使途については、成長投資や株主還元に振り向けるほか、事業シナジーが見込める企業に対するM&A資金や新規事業立ち上げのためのシーズ獲得を目的としたスタートアップ企業への出資等にも活用していく方針となっている。こうした投資事業を機動的に実施することを目的に、2022年10月に新たに(株)C&Rインキュベーション・ラボを設立しており、1件当たり0.3〜1億円を目安に10億円程度の投資を行っていくことにしている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)