銘柄名<コード>10日終値⇒前日比

gumi<3903> 783 -77

暗号資産市場の波乱を引き続き警戒視。



三井住友建設<1821> 404 -39

通期業績・配当予想を引き下げ。



カシオ計算機<6952> 1288 -78

7-9月期は市場想定下振れ着地で通期予想下方修正。



不二製油グループ<2607> 2060 -186

上半期の大幅下振れ着地を嫌気。



神戸製鋼所<5406> 601 -49

上期上振れ着地も通期収益予想は下方修正。



BEENOS<3328> 3010 -245

9日は決算を受けて急騰となったが。



横浜ゴム<5101> 2167 -151

住友ゴムの大幅下方修正で連想売りも。



TOYO TIRE<5105> 1625 -109

住友ゴムの決算受けてタイヤ株が売られる。



クボタ<6326> 2011 -152.5

通期業績下方修正で一転営業減益見通しに。



ユニチカ<3103> 247 -17

業績下方修正を引き続きネガティブ視。



OATアグリオ<4979> 1584 -117

上方修正幅小幅で出尽くし感。



大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 4460 -240

地合い悪化の中で利食い売りが優勢に。



メニコン<7780> 2245 -150

メリルリンチ日本証券では投資判断2段階格下げ。



ホンダ<7267> 3289 -138

通期予想上方修正もコンセンサス未達で。



東京特殊電線<5807> 3215+500

カーライル系ファンドのTOB価格5660円にサヤ寄せ。



リード<6982> 712 +100

通期業績、配当予想を上方修正。



多摩川HD<6838> 720 -150

連日の株価急伸で過熱警戒感も強まる。



光ビジネス<3948> 854 -94

第3四半期大幅増益決算も出尽くし感につながる。



ヨネックス<7906> 1337 -118

通期予想据え置きで出尽くし感が優勢に。



キョウデン<6881> 512 -45

7-9月期も経常減益基調が継続。



ユーザベース<3966> 1021+150

米カーライルのファンドが設立したTHE SHAPERによるTOB(1株1500円)を発表。



ペットゴー<7140> 1061+150

上期の営業利益は1.94億円で着地、通期計画を超過。



サイバー・バズ<7069> 1850 +297

23年9月期の営業利益見通しは前期比で約2.8倍となる4.00億円。



ステラファーマ<4888> 413 +20

血管肉腫に対するBNCTの国内第2相臨床試験開始について発表し期待感高まる。

上期の純損益は前年同期から赤字幅縮小で着地。



駅探<3646> 523 +24

75万株を上限に10日朝のToSTNeT-3で自社株買いへ(11月30日付で80万株消却)。



サスメド<4263> 1176 +43

杏林製薬と耳鼻科領域における治療用アプリの共同研究開発及び製品上市後の

販売に関する契約を締結したと発表。



アクシージア<4936> 1237 +8

9日付で東証プライム市場への市場区分変更を申請。



ステムリム<4599> 826 -6

レダセムチド(HMGB1 断片ペプチド)の心筋症および陳旧性心筋梗塞を

適応症とした国内特許登録について発表。



JTOWER<4485> 6430 +430

上期の純利益は前年同期比74.4%増の2.23億円で着地。



サンアスタリスク<4053> 972 +150

第3四半期決算を受けて物色向かう。