ケアネット<2150>は11日、2022年12月期第3四半期(22年1月-9月)の連結決算を発表した。売上高は64.45億円、営業利益は22.88億円、経常利益は23.08億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は15.37億円となった。「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を2022年12月期第1四半期の期首から適用しており、2022年12月期第3四半期に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の数値となっているため、対前年同期四半期増減率は記載していない。



医薬DX事業の売上高は57.74億円(前年同期は52.03億円)、営業利益は29.77億円(同27.16億円の利益)となった。既存サービスの販売体制強化などの取り組みを進めた。



メディカルプラットフォーム事業の売上高は6.70億円(同4.31億円)、営業利益は2.58億円(同0.95億円の利益)となった。医師向け転職支援サービス「キャリア」等の売上高は3.79億円(同1.59億円)、医療教育動画サービス「CareNeTV」等の売上高は2.91億円(同2.72億円)となった。



また、医師・医療従事者向け医療専門サイト「ケアネット・ドットコム(CareNet.com)」においては、医師会員獲得及び維持を目的に、前期に引き続き積極的に投資を行っている。2022年12月期第3四半期末の医師会員数は20万5千人(前年同期比7.5%増)となった。



2022年12月期通期の連結業績予想については、売上高が90.00億円、営業利益が25.89億円、経常利益が26.14億円、親会社株主に帰属する当期純利益が18.18億円とする期初計画を据え置いている。