イード<6038>は14日、2023年6月期第1四半期(22年7月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比6.1%増の13.51億円、営業利益が同10.4%増の1.40億円、経常利益が同16.0%増の1.38億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同6.3%減の0.89億円となった。



クリエイタープラットフォーム事業(CP事業)の売上高は前年同期比11.4%増の12.22億円、セグメント利益は同38.5%増の1.19億円となった。2023年6月期第1四半期に、事業譲受によりビジネスパーソン向けのメディア「決算が読めるようになるノート」等3つのサイトの運営を開始した。また事業開発により映像業界向けの新ビジネスメディア「Branc(ブラン)」事業の運営を開始し、事業拡大を図っている。2023年6月期第1四半期におけるネット広告売上は、アフィリエイト広告及び提案型広告が好調を維持し、同15.6%増の4.33億円となった。また、2022年6月期第4四半期において事業取得した「JTOPIA」事業及び2023年6月期第1四半期において事業取得した「決算が読めるようになるノート」事業などの貢献等によりデータ・コンテンツ提供売上は同12.6%増の4.75億円となった。システム売上は、オウンドメディアの受託開発が好調で、同15.0%増の1.90億円となった。一方で出版ビジネス売上は、前年同期比2.5%減の1.36億円となり前年同期とほぼ横ばいの水準となっている。



クリエイターソリューション事業(CS事業)の売上高は同26.9%減の1.28億円、セグメント利益は同48.4%減の0.21億円となった。リサーチソリューション及びECソリューションとも、前年同期と比較して、粗利率の高い大型案件の受注が少なく、売上高、営業利益ともに減少となった。



2023年6月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比7.6%増の60.00億円、営業利益が同14.4%増の7.30億円、経常利益が同14.4%増の7.30億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同10.9%増の5.00億円とする期初計画を据え置いている。

また、期末配当については、連結株主資本配当率(DOE)1.5%を目安に配当を実施する方針のまま、引き続き未定としている。