マイクロアド<9553>は16日、台湾を中心にチャットマーケティング事業を展開する人々に資本参加し、業務提携を締結したことを発表。



人々は、台湾市場における企業に対し、チャットマーケティング「ChiChat」を提供している。「ChiChat」は、企業のWebサイトから離脱したユーザーを、LINEを中心とするSNSへ誘導し、チャットボットを通じて、新規顧客の獲得支援をおこなうサービス。台湾市場を中心に、日本・香港・シンガポール市場でも提供をおこなっている。



同社子会社のマイクロアド台湾は、中華圏、東南アジア諸国へのデジタル広告プロモーションの知見を活かし、企業の広告効果の最大化に努めている。また、LINE台湾より「LINE Biz Partner Program」の「Sales Partner」において最上位の「Diamond」に認定されるとともに、「LINE Family Club」の「The Best Sales Partner」に選出されている。



同社は、同提携により、台湾でのチャットマーケティング市場へ参入する。マイクロアド台湾における、デジタル広告プロモーションの知見と、LINEを中心とする、SNSなどのデジタル広告との相性が高い「ChiChat」との連携を強化し、共同事業の創出を推進していく。アジア・パシフィック市場におけるマーケットニーズに応え、デジタルマーケティング支援の運営力を強化していく。