TOKYO BASE<3415>は売り先行。前日に業績予想の下方修正を発表している。23年1月期営業損益は従来予想の12億円の黒字から一転1億円の赤字にまで減額。「ゼロコロナ政策」による中国市場での販売減少が主因。中国子会社での減損損失計上もあり、最終損益は7億円の赤字にまで下方修正している。年間配当金も2円計画から無配に。ただ、上半期までの状況から下振れは想定線でもあり、安寄り後は下げ渋る動きになっている。