■業績動向



1. 2022年7月期業績概要

サーキュレーション<7379>の2022年7月期決算は、売上高7,104百万円(前期比29.0%増)、営業利益530百万円(同9.4%増)、経常利益528百万円(同16.3%増)、当期純利益346百万円(同17.7%増)だった。期初に想定していたコンサルタント人員計画遅延の影響により、売上高の進捗率は97.3%に留まったものの、前下期の新規中途入社者数は同上期と比較して大幅に好転しており、組織拡大に向けた体制整備は、一定の目途が立った。利益面については、労働人口減少による人手不足や働き方改革に加え、オープンイノベーションによる経営改革やDXによる業務効率化を推進する企業が増加する等、外部プロ人材活用の需要が堅調に推移し、営業利益(103.5%)、経常利益(103.3%)、当期純利益(105.5%)の各利益は、いずれも予想を上回る進捗だった。



2. サービス別売上高

「プロシェアリングコンサルティング」サービス、「FLEXY」サービスの売上高は、「平均月次プロジェクト件数×平均月次請求単価×12ヶ月」により算出される。過去の緊急事態宣言を経て同社登録のプロ人材による法人顧客へのWeb MTG等を用いたリモート支援が定着しており、平均月次稼働プロジェクト数は1,163件と、過去最高値に到達した。また、DX関連プロジェクトの割合が増えているなか、よりハイスキルなITプロ人材のシェアリングサービス「FLEXY」の比率が上昇している。プロシェアリングコンサルティングサービスの売上高は3,859百万円(前期比19.1%増)、FLEXYサービスは3,066百万円(同49.8%増)、その他は178百万円(同18.6%減)だった。先進的な知見を有する「FLEXY」の割合は、DX化推進の流れのなかで引き続き割合を高めてくると考えられ、同社の成長性を高めることになると、弊社では考えている。



3. 重要業績評価指標(KPI)推移

2022年7月期時点での累積稼働プロジェクト数は11,769件、累積取引企業数は3,921社、累積登録プロ人材数は20,420名と、創業来、稼働プロジェクト及びプロ人材データベースともに順調に成長している。稼働プロジェクト数を増大させ、同時に月次プロジェクト継続稼働率の良化と取引企業当たり年間平均稼働プロジェクト数の増大を図り、取引企業数が増大していくという一連のプロセスを、同社は「リカーリングプロセス」と規定している。このリカーリング型ビジネスを進化させ、今後も順調に推移していくと弊社では期待している。



月次平均稼働プロジェクト数は堅調に推移しているほか、1稼働プロジェクト当たり平均請求単価も安定して伸びている。なお、ハイスキルなITプロ人材の「FLEXY」が伸びている割には平均請求金額の伸びが弱い印象を受けるが、単価はDX推進の加速とともに引き上げる可能性はあるものの、現在は全国の顧客企業にプロシェアリングを浸透させていくといった意味で、面を取りに行っている局面でもある。そういった観点から、2022年9月には首都圏に次ぐ大経済圏である関西地域をはじめとした西日本地域の企業へのサービス提供を強化するため、「FLEXY」の関西拠点を設け、関西に本格的に進出するなど、順調に戦略が進展していると言えそうだ。



(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)