■株主還元策



日本和装ホールディングス<2499>は、株主尊重の立場から、株主利益を守り継続かつ安定した配当を実施することを利益配分に関する基本方針としている。この方針に基づき、2020年12月期は年間(期末)7.0円(配当性向67.2%)、2021年12月期は同12.0円(第2四半期末5.0円、期末7.0円)(配当性向は40.2%)の配当を行った。



さらに、株主に対していち早く経営成績を還元することで、株式の魅力を高め新規株主の増加を図ることを目的として、2022年12月期から四半期配当を導入した。第1四半期は3.0円、第2四半期は3.0円の配当を行い、第3四半期は3.0円、第4四半期(期末)は4.0円、年間13.0円配当(予想配当性向38.5%〜43.2%)を予定している。このように、配当金額や配当性向だけでなく、「いち早く株主へ還元したい」という同社の姿勢は評価できるだろう。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)