ファンペップ<4881>は21日、開発中の抗体誘導ペプチド「FPP003」の物質特許が韓国において成立し、韓国特許庁から特許公報が発行されたことを発表。本特許は、FPP003の用途(対象疾患)にかかわらず、物質そのものを広く保護する物質特許。



FPP003は、住友ファーマ<4506>との共同研究により創生した開発化合物。同社は住友ファーマとの間で北米での全疾患を対象とする独占的開発及び商業化権に関するオプション契約を締結しており、日本を含む北米以外の地域については同社が優先交渉権を保有している。 本特許成立は、既に本特許が成立している日本及び米国に続き、韓国でも本特許の実施について独占排他権が認められたことを意味し、FPP003開発プロジェクトを強力にサポートするものとなっている。