ジャパンベストレスキューシステム<2453>は21日、9月30日を基準日とする剰余金の配当を発表した。なお、本件は12月22日開催予定の第26回定時株主総会に付議する。



同社は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題として位置付けており、将来の事業展開と財務体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、配当性向50%を目安に株主の皆様への安定的かつ継続的な配当を実施していくことを配当政策の基本方針としている。この基本方針に基づき2022年9月期の配当金については、2022年11月4日の予想の通り、1株当たり9円00銭とした(前期実績9円00銭)。