■株主還元策



ココナラ<4176>は未だ成長過程にある企業であり、さらなる財務体質の強化並びに競争力の確保を経営上の主要課題の1つとして位置付けている。このため現時点においては、内部留保の充実と収益力の強化、事業規模拡大のための投資を経営の最優先課題として捉えており、配当の実施時期に関しては未定としている。当面は、事業拡大により企業価値を高めることで、株主に報いていく方針である。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)