■株主還元策



インタースペース<2122>は配当の基本方針として、業績動向や資金ニーズ、将来の事業展開のための内部留保などを総合的に勘案して決定することとしている。2022年9月期の1株当たり配当金は、業績が計画を上回ったこともあり、前期比5.0円増配の25.0円(配当性向29.2%)とした。また、自己株式取得についても、2021年11月から2022年5月までに合計502千株を522百万円で取得した。2023年9月期の1株当たり配当金は、前期比横ばいの25.0円(配当性向20.4%)を予定している。配当性向の水準としては20〜30%程度を目安にしていることから、業績が計画を上回れば増配する可能性がある。なお、自己株式の取得については、株式の流動性を考えると今後は慎重なスタンスとなり、株主還元は増配で報いていく考えだ。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)