■株主還元策



フォーバル<8275>は、配当による株主への利益還元を重要な経営課題の1つとして認識している。配当金の決定に関しては、今後の事業計画や財務状況など、中長期的観点から内部留保と安定した成果配分、双方のバランスに配慮して配当金を決定するとしており、配当性向は公約していない。実績では、安定的な利益成長を背景に継続的な増配を続けており、配当性向は30.0%前後からそれ以上を維持してきた。2023年3月期は、堅調な増益予想を背景に、配当金27.00円(前期比1.00円増配)、配当性向36.4%を予想する。



同社では、株主への感謝と、同社株式の投資魅力を高め株主を増やすことを目的に、株主優待制度を新設した。毎年9月30日現在の1単元(100株)以上保有の株主には、利用したい電子マネーギフト1枚(2,000ポイント=2,000円相当)が贈呈される。早速、株主数が増加する効果があったという。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)