■酒井重工業<6358>の業績動向



3. 財務状況

2024年3月期第1四半期末の財務状況について、流動資産は前期末比846百万円増の28,286百万円となったが、主に現金及び預金の増加276百万円、受取手形及び売掛金(電子記録債権を含む)の減少730百万円、棚卸資産の増加1,206百万円などによる。固定資産は同783百万円増の14,147百万円となったが、主に有形固定資産の増加15百万円、無形固定資産の減少36百万円、投資その他の資産の増加804百万円(主に投資有価証券の増加770百万円)などによる。この結果、資産合計は同1,630百万円増の42,434百万円となった。2024年3月期第1四半期末の現金及び預金は7,760百万円と高水準だが、一方で棚卸資産がやや増加傾向にあることから、同社は「在庫水準適正化に向けて調整中」と述べている。



負債合計は前期末比915百万円増の16,423百万円となったが、主に流動負債のうち買掛債務(支払手形及び買掛金、電子記録債務)の増加682百万円、短期借入金の増加75百万円、固定負債の増加244百万円などによる。純資産合計は同714百万円増の26,010百万円となったが、配当金の支払い等による利益剰余金の減少36百万円、その他有価証券評価差額金の増加537百万円、為替換算調整勘定の増加212百万円などによる。この結果、2024年3月期第1四半期末の自己資本比率は61.1%(前期末は61.8%)となった。



以上から、2024年3月期第1四半期末の正味運転資本(売上債権+棚卸資産−仕入債務)は前年同期比24.7%増(同2,290百万円増)の11,563百万円となった。主に売上債権の増加(同1,027百万円増)、棚卸資産の増加(同3,200百万円増)、仕入債務の減少(同1,937百万円減)による。販売(売上高)が堅調に推移したものの、増産と部品欠品リスク低減のための在庫水準増加により、売上高/棚卸資産回転数は、前年同期比0.66回減の年間3.01回に減少した。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)