■メディアシーク<4824>の株主還元策



同社グループは、経営基盤の強化と積極的な事業展開に備えるために必要な内部留保の確保と合わせ、株主に対する利益還元を重要課題と認識しており、2021年7月期より配当を再開し、2023年7月期は前期並みの1株当たり1.0円の配当金を、2024年7月期も引き続き1.0円を見込んでいる。内部留保資金の使途については、今後の事業展開への備えとブレインテック・DTx等の新規領域への研究開発費用として投入する。今後、さらなる利益の確保と株主に対する積極的な配当の実施を検討している。同社は期末の年1回において、剰余金の配当を行うことを基本としているが、毎年1月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めている。なお、業績予想を超える利益計上を達成した場合には積極的に増配していく方針であり、将来的により高い配当性向を実現させることを目標にしている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 中山博詞)