メイコー<6787>は大幅続伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は42億円で前年同期比9.6%減となったが、第1四半期の同67.7%減からは減益率が大幅に縮小している。加えて、通期予想は従来の90億円から100億円、前期比4.4%増と、一転増益見通しに上方修正。好調な受注を反映しているもようで、想定以上の急速な収益改善を好感する動きとなっている。なお、年間配当金も従来計画の50円から55円に引き上げている。