銘柄名<コード>8日終値⇒前日比

川崎重<7012> 3194 -244

24年3月期業績予想を下方修正。



カヤバ<7242> 4145 -415

上半期営業利益が25.0%減と第1四半期の14.7%減から減益率が拡大。



神鋼鋼線<5660> 1087 +83

24年3月期利益予想を上方修正。



フレクト<4414> 3840 +700

24年3月期上期の営業利益は前年同期比5.2倍。



タスキ<2987> 1409 +42

営業利益が前期41%増・今期30%増予想と発表。



BASE<4477> 288 +10

23年12月期業績予想を上方修正。



シミックHD<2309> 2100 +400

MBOを実施でTOB価格2650円にサヤ寄せ。



マツダ<7261> 1663 +156.5

7-9月期上振れで通期予想は想定以上の上方修正に。



横河電機<6841> 3074 +304.5

市場予想を大幅に上回る水準まで上方修正。



ティラド<7236> 3025 +303

業績・配当予想の大幅引き上げが引き続きサプライズに。



あらた<2733> 6070 +480

業績上方修正や自社株買いを評価へ。



中越パルプ工業<3877> 1475 +141

上半期の業績上振れ観測報道が伝わる。



A&DホロンHLDG<7745> 1753 +151

上半期大幅増益決算高評価。



参天製薬<4536> 1436.5 +131.5

通期業績はコンセンサス上振れ水準にまで上方修正。



小林製薬<4967> 6861 +626

自社株買い発表などは想定外のもよう。



LINE ヤフー<4689> 431.6 +23.4

戦略事業黒字化などで7-9月期はコンセンサス上振れ。



ユー・エス・エス<4732> 2873.5 +178

業績上方修正発表で買い安心感強まる。



タムラ製作所<6768> 540 +33

上半期営業増益決算を評価。



任天堂<7974> 6774 +389

業績上方修正をストレートに評価の動きへ。



インソース<6200> 1072 +80

好業績見通しを引き続き評価の動き。



M&Aキャピタルパートナーズ<6080> 2204 +119

突っ込み警戒感からの自律反発。



M&A総研HLDG<9552> 3875 +200

特に新規材料など観測されずショートカバーなど優勢か。



エス・エム・エス<2175> 2642.5 +132.5

追加材料ないがリバウンドの流れが継続する形に。



ゴールドウイン<8111> 11075 +520

7-9月期決算はコンセンサス上振れ着地。



スズキ<7269> 6211 +190

市場予想を上回る水準まで上方修正。



JVCケンウッド<6632> 607 +13

野村證券では目標株価を引き上げ。



チャーム・ケア<6062> 1201 +46

第1四半期決算評価の動きが続く。



ツムラ<4540> 2832 +114.5

配当計画上方修正などを材料視へ。



スクエニHD<9684> 5375 +289
開発体制見直しなどの改革進捗を評価。



パイロットコーポレーション<7846> 4541 -756

7-9月期の収益水準低下を嫌気。



東洋炭素<5310> 4635 -495

7-9月期は前四半期比で減益に転じており。



東海カーボン<5301> 1045 -128

通期業績予想は想定以上の下方修正に。



ライオン<4912> 1284 -159

第3四半期下振れ決算で通期計画にも下振れ懸念。



新日本科学<2395> 1698 -173

7-9月期も大幅経常減益が続く。



バンナムHD<7832> 3004 -220

上半期決算はコンセンサス下振れ着地に。



オエノンHD<2533> 375 -42

業績上方修正も修正幅限定的に。



東和銀行<8558> 632 -71

上半期経常減益決算や銀行株安で。



新東工業<6339> 982 -100

上半期営業益急伸も通期予想は下方修正。