銘柄名<コード>8日終値⇒前日比

明治HLDG<2269> 3359 -319

医薬品事業の下期減額を嫌気。



ユニ・チャーム<8113> 4729 -471

7-9月期は減益で市場予想に大きく未達。



サンケン電気<6707> 6987 -713

上半期好決算も通期業績下方修正。



大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 3010 -250

通期業績上方修正もコンセンサス水準には大きく未達で。



IHI<7013> 2780 -214.5

上半期赤字決算をあらためて嫌気する動きにも。



池田泉州HLDG<8714> 357 -31

銀行株安で高値圏からの利食い優勢に。



デンカ<4061> 2623.5 -106

業績・配当予想を減額修正。



T&DHD<8795> 2459.5 -168

米長期金利の低下で金融関連株軟化。



グローリー<6457> 2752.5 -165

通期予想再増額も修正幅小幅で出尽くし感に。



レゾナック・HLDG<4004> 2316.5 -167

東海カーボンの決算内容など警戒視も。



楽天銀行<5838> 2461 -127

第2四半期決算サプライズ乏しく手仕舞い売り材料に。



日本電信電話<9432> 168.3 -6.6

7-9月期も営業減益決算となっている。



ヤマハ発動機<7272> 3646 -218

7-9月期は円安効果にもかかわらず営業減益に。



SANKYO<6417> 6297 +198

大規模な自社株買い発表で今後の需給改善期待。



INPEX<1605> 2013 -116.5

NY原油相場の下落を材料視で。



ヘリオステクノ<6927> 465 +80

通期上方修正で配当金も大幅増額。



サンウッド<8903> 1130 +150

京王電鉄によるTOB価格1250円にサヤ寄せ続く。



アルメディオ<7859> 786 +162

予想外の大幅上方修正を引き続きサプライズ視。



メディカルシステムネットワーク<4350> 550 +76

一転経常増益予想に上方修正。



ムゲンエステート<3299> 1124 +71

最終益上方修正で配当金大幅引き上げ。



三菱ロジスネクスト<7105> 1406 +29

上方修正・増配を引き続き評価の動き。



ホリイフード<3077> 398 -80

上半期営業赤字で株主優待も廃止。



内海造船<7018> 4230 -1000

決算発表後の失望売りが続く格好に。



GFA<8783> 61 -12

連日急伸の反動で戻り売り。



エフテック<7212> 616 -149

通期営業利益予想を下方修正。



近畿車両<7122> 1866 -239

業績上方修正だが出尽くし感につながる。



デザインワン<6048> 198 -3

何の材料もなく7日に急伸の反動。



スパイダープラス<4192> 586 +28

23年12月期第3四半期の営業赤字縮小。



坪田ラボ<4890> 471 +21

共同研究開発先のロート製薬が近視進行抑制点眼薬の臨床試験開始。



ブランジスタ<6176> 805 +4

25日線上抜け先高期待高まるも上値は重い展開。



AIAI<6557> 888 -182

7日まで2日連続ストップ高で利益確定売り急ぐ動き。



プログリット<9560> 1019 +58

8月以降の上値抵抗線となっている75日線に絡み始め先高期待も。



BUYSELL<7685> 3115 -215

25日線を明確に下回り手仕舞い売り誘う。



GMOメディア<6180> 2975 -215

7日は好決算評価し大幅高。8日は反動安。



日本電解<5759> 1484 +105

25日線上抜け先高期待高まるも売りも高水準。



マイクロアド<9553> 822 +52

7日大幅高の余勢を駆って戻り試すも売りも次第に高水準に。



キューブ<7112> 666 -29

7日大幅高の反動安。