カシオ計<6952>



2024年3月期業績予想の修正を発表。売上高は2650億円から2750億円、営業利益を160億円から180億円に上方修正した。主力の腕時計「Gショック」が欧州で好調なうえ、国内で平均10%値上げするなど国内外で価格を引き上げ、時計の材質が金属製で単価の高いモデルを増やしていることが奏功している。EdTech(教育)は、電子辞書は低調に推移したが、関数電卓はコロナ後の教育現場の正常化、及び新機種「New ClassWiz」の展開が順調に進んでいる。





ローランド<7944>



6月高値と11月1日に付けた4425円でのダブルトップ形成が意識されるなか、直近で調整を強めており、支持線として意識されている25日線を下回ってきた。ただし、これまでも25日線割れからのリバウンドを見せてきたこともあり、押し目狙いの好機になろう。週足では13週、26週線とのゴールデンクロス発生が近づいており、ダブルトップ水準の突破を狙った動きが期待されよう。