オートサーバー<5589>は10日、2023年12月期第3四半期(23年1月-9月)連結決算を発表した。売上高が44.27億円、営業利益が16.26億円、経常利益が16.03億円、四半期純利益が10.14億円となった。2023年12月期第1四半期より四半期財務諸表を作成しているため、2023年12月期第3四半期の対前年同四半期増減率を記載していない。



同社においては当第3四半期累計期間においても引き続きASNET会員数(法人・個人を合わせた拠点数)の拡大及びASNET取引台数の拡大を図っており、2023年9月末のASNET会員数は76,675(2022年12月末比1,675増)となり、2023年9月末時点のASNET取引台数は、174,163台(前年同期比3.5%増)となっている。



2023年12月期通期については、同日、業績予想の上方修正を発表した。売上高が前期比6.7%増(前回予想比10.0%増)の57.21億円、営業利益が同3.4%増(同13.3%増)の20.47億円、経常利益が同2.7%増(同12.1%増)の20.22億円、当期純利益が同6.0%増(同14.6%増)の12.80億円としている。



また同日、2023年12月期の業績見通しを勘案し、期末配当予想について、1株あたり55.00円(50.00円+上場記念配5.00円)から、60.00円(55.00円+上場記念配5.00円)に増配することを発表した。