三井金<5706>は大幅続伸。先週末に上半期の決算を発表、経常利益は169億円で前年同期比50.4%減となったが、従来予想の40億円は大きく上回っている。つれて、通期予想は従来の200億円から330億円、前期比65.9%増に上方修正。円安効果に加えて、自動車関連製品の増加、開発費用の減少などが要因となるもよう。大幅な業績上振れ好感に加えて、生成AI向け電解銅箔の拡大期待なども高まる状況になっているようだ。