<4484> ランサーズ 258 +23

大幅に反発。24年3月期第2四半期累計(23年4-9月)の営業損益を0.02億円の赤字(前年同期実績2.45億円の赤字)と発表している。組織体制の強化で1人当たり売上総利益が増加したほか、販管費の継続的な見直しで収益性が改善し、赤字が縮小した。通期予想は0.40億円の黒字で据え置いた。四半期別に見ると、第1四半期(0.54億円の赤字)に対して第2四半期は0.52億円の黒字に転じたことも評価されているようだ。




<9341> GENOVA 1648 +192

大幅に3日ぶり反発。24年3月期第2四半期累計(23年4-9月)の営業利益を前年同期比39.3%増の9.69億円と発表している。医療メディアを中心とするメディカルプラットフォーム事業で顧客事業所数が伸長し、増益を牽引した。GENOVAは「堅調な需要を獲得できた結果、計画(営業利益の上期計画は8.4億円)より上振れた着地となった」としている。通期予想は前期比27.3%増の22.07億円で据え置いた。




<4438> Welby 452 +80

ストップ高。スズケン<9987>と業務提携契約を発展・拡大させる基本合意書を締結すると発表している。原契約の見直しに伴う必要な変更の合意などのほか、医療機関への普及推進施策の策定、双方が保有するデジタル商材の連携による製薬企業向け新規サービス構築を検討する。また、スズケンは既存株主からWelby株130万株を取得する。取得後の議決権保有割合は21.18%となる。




<3995> SKIYAKI 418 -17

朝高後反転し大幅続落。スペースシャワー<4838>と経営統合すると発表している。スペースシャワーを株式交換完全親会社、SKIYAKIを株式交換完全子会社とし、SKIYAKI株1株に対してスペースシャワー株0.76株を割当交付する。SKIYAKI株は24年3月28日付で上場廃止となる。株式交換の効力発生日は同年4月1日の予定。また、24年1月期の期末配当予想を従来の無配から5.00円(前期末実績は無配)に増額修正した。




<6618> 大泉製 1296 +261

年初来高値。フェローテック<6890>が株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表している。TOB価格は1株につき1300円(前営業日終値は1035円)で、TOB期間は13日から12月25日まで。大泉製作所は賛同の意見を表明しており、同社株は上場廃止となる予定。完全子会社化で、中国でのサーミスタ(熱に感じやすい抵抗体)事業を大泉製作所が主導して行える環境が整い、同事業へのモチベーションやインセンティブ向上などが図れるとしている。




<5038> eWeLL 3535 +140

大幅に3日ぶり反発。12月31日(実質的には12月29日)を基準日として、1株を2株に分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、投資しやすい環境を整えて投資家層の拡大と流動性の向上を図ることが目的。併せて23年12月期の期末配当予想を従来の18.00円から20.00円(前期末実績15.00円)に増額修正する。株式分割後換算では10.00円となる。第3四半期累計(23年1-9月)の営業利益は前年同期比29.8%増の7.08億円で着地した。