インタースペース<2122>は14日、2023年9月期連結業績を発表した。売上高が前期比2.3%増の72.84億円、営業利益が同25.8%減の7.91億円、経常利益が同29.7%減の9.08億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.0%増の5.85億円となった。



インターネット広告事業の売上高は前年同期比0.9%増の46.06億円、セグメント利益は同10.8%減の5.84億円となった。「アクセストレード」では、求人などのサービスジャンルが好調に推移したが、一部広告主の広告予算縮小などの影響を受け、収益は伸び悩んだ。「ストアフロントアフィリエイト」では、スマートフォン向けセキュリティ商品を扱う「MWノートンストア」や「ポケットバックアップ」のストック収益を着実に積み上げた。海外事業は、EC、金融、旅行などのジャンルが伸長し取扱高は増加したものの、採用活動を強化したことなどにより販管費が増加し、収益は伸び悩んだ。



メディア運営事業の売上高は同4.6%増の26.80億円、セグメント利益は同49.6%減の2.07億円となった。主力のコンテンツメディアである「ママスタ」では、月間閲覧数が2023年6月に過去最高となる9.4億ページビューを突破したが、2023年3月以降は、広告プラットフォーマーの表示規制による広告単価下落の影響を受け、収益は減少した。また、比較・検討メディアは、求人関連の広告需要を取り込んだことや、SEO施策が奏功したことにより、大きく伸長した。



2024年9月期通期の業績予想については、売上高が前期比5.7%増の77.00億円、営業利益が同33.1%減の5.30億円、経常利益が同37.3%減の5.70億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同45.4%減の3.20億円を見込んでいる。