ゼネテック<4492>は14日、SAPジャパンと「PartnerEdgeエンゲージメント契約」を締結し、SAPが提供するパートナープログラムにおけるSellパートナーに認定されたことを発表。これにより、「SAP S/4HANA Cloud」を始めとするSAPの各種製品の取扱いを開始する。



同社はソフトウェアおよびハードウェアの組み込み技術力・開発力をベースに事業成長を続けるとともに、ものづくりのデジタル化を進める製品の販売・保守活動に注力してきた。さらに、2023年5月に中期経営計画を制定し、ERPやPLMなど、製造現場の効率化のみならず、経営判断の高速化・高度化を支援する、より高付加価値なソリューションの提供に一層注力している。今回のリセール契約締結により、今後、同社の持つ既存のアセットや顧客ネットワークを最大活用しながら、世界的な信頼と実績を誇るSAP S/4HANA Cloudの導入支援を加速していく。