■株主還元策



リソー教育<4714>は株主への利益還元を経営の重要課題の1つと位置付けている。配当方針については、内部留保の充実度合いや利益の状況および経営環境等を総合的に勘案し、配当性向50%以上を目途に実施することとし、2024年2月期の1株当たり配当金は10.0円(配当性向74.9%)を予定している。配当利回りは3.9%(2023年10月18日終値ベース)の水準となる。収益成長が続けば増配が期待できることになる。なお、配当以外に蓄えた内部留保及び資金の使途については、提携戦略による設備投資や経営のDXを進めるためのシステム投資に充当していくほか、コロナ禍のような突発的な事象が発生した際の一時的な費用増に備えるためのものとする。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)