■株主還元策



No.1<3562>は、配当の基本方針として配当性向30%を目途としている。2024年2月期については前期比1.0円増配となる1株当たり33.0円の年間配当(中間16.5円実施済み、期末16.5円)を予定しており、実現すれば2019年2月期の初配を含み、6期連続増配となる見通しである。



また、株主還元の充実と資本効率の向上を目的として自己株式の取得を実施し、2023年5月10日〜8月24日において340,000株※(取得価額の総額は397百万円)を取得した。取得した自社株式については、M&Aや資本業務提携等に機動的に活用し、さらなる株主価値の向上につなげる考えだ。



※発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合は5.3%となった。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)