アドバンテッジリスクマネジメント<8769>は27日、「さんぽLAB(ラボ)」において、バナー広告の掲載をはじめとした産業保健スタッフ向けの広告サービスを提供開始すると発表。

「さんぽLAB」は産業医や看護師、保健師等に加え、心理職なども含めた産業保健に関わる有資格者全てを対象とするオンラインコミュニティ。

産業保健スタッフ同士がコミュニケーションを取り合い、情報交換できるプラットフォームを目指し、2022年春に開設。開設から1年半が経過した現在、ユーザーが2000名を超えるコミュニティとなった。

同社は、口コミ拡散力を強みに、産業保健スタッフ向けのイベントや情報提供を行いたい企業や団体に対して、同スタッフ向けプロモーションを支援していく。