フォーバル<8275>は1日、国内7社目となる人的資本の情報開示に関する国際的ガイドライン「ISO 30414」の認証を取得したことを発表。また、同社の人的資本に関する取り組みをまとめた「Human Capital Report 2023」を発行した。



「ISO 30414」とは国際標準化機構が発行した人的資本の情報開示に関する国際基準。企業における人事・組織・労務に関する人的資本の情報について、定量化し、分析し、開示するための国際的な指標として設けられたガイドライン。認定を取得することで、投資家などの各ステークホルダーは人的資本情報を定量、定性の両面から把握することが可能になる。

人的資本経営は、これから中小・小規模企業の成長において重要事項となっていく。同社として正しい知識と適切なアドバイスをすることで、大企業だけでなく、中小・小規模企業も人的資本経営でマーケットに「選ばれる企業」になれるように導いていくことを目的としている。また、従業員の強みを最大限に活かし、非財務の企業価値を持つ「魅力ある企業」のイメージを社内外に広めていくことで、新たな機会を創り出し、企業価値の向上に貢献していくとしている。