クリアル<2998>は4日、同社が運営する不動産ファンドオンラインマーケット「CREAL(クリアル)」において、2023年11月に計2件約21億円のファンド組成を完了したと発表。

1件が、ファンド名:第99号「(仮称)CREALロジスティクス伊奈町」ファンド、投資対象は(仮称)CREAL ロジスティクス伊奈町(物流施設)、募集金額は15.62億円、想定利回り(年利)4.8%。

もう1件が、ファンド名:第100号「(仮称)CREAL江戸川橋」ファンド、投資対象は(仮称)CREAL 江戸川橋(一棟レジデンス)、募集金額は5.6億円、想定利回り(年利)3.9%。

累計調達額は377億円、運用終了ファンド数は66ファンド(いずれも2023年9月末時点)。

同社によると9月末までに運用終了しているファンドは全て元本割れすることなく出資金が償還されている。