ヘッドウォーター<4011>



マドを空けての上昇で75日、200日線を一気に上放れ、11月17日には10790円まで買われた。その後は調整を見せていたが、75日、200日線辺りが支持線として機能する格好から、足もとでリバウンドを見せている。一目均衡表では雲上限での攻防から、再び雲を上放れつつある。週足では薄い雲の切り上がりに沿ったリバウンドを継続。遅行スパン下方シグナルがしばらく続くものの、リバウンド狙いのスタンスに向かわせよう。





アインHD<9627>



2024年4月期業績予想の修正を発表。売上高は3750.00億円から3902.63億円、営業利益を156.63億円から184.50億円に上方修正した。第2四半期はファーマシー事業における処方箋枚数が堅調に増加した。また、新型コロナウイルス感染症治療薬を含めた高額医薬品処方への対応が増加したほか、リテール事業における顧客の購買傾向が感染症対策商品からコスメ関連商品などへ変化していることに伴う単価の上昇が寄与した。