■株主還元



アール・エス・シー<4664>は、安定的な経営成績の確保及び経営基盤の維持増強に努めるとともに、株主に対する利益配分を最重要事項の1つと認識し、配当性向(単体ベース)30%以上※を継続して実施することを目標としている。



※2023年5月に公表した中期経営計画の見直しとともに、配当性向(単体ベース)の目標についても20%以上から30%以上へと引き上げた。





2024年3月期の年間配当については、中間配当を5円から7円へ増額修正したことに伴い、前期比2円増配となる1株当たり17円(中間7円決定済、期末10円)を予定している。弊社では、期初予想を上回る足元業績や配当性向の着地点に照らし、期末配当の増配余地もあると見ている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)