東光高岳<6617>は大幅続伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は53.2億円で前年同期比41.6%増となり、通期予想は従来の45億円から64億円、前期比32.0%増に上方修正している。計器失効替工事やスマートメーターなどの計量事業全般と一部の配電機器の売上高の増加が見込まれることを業績上振れの背景としている。上半期は営業減益決算であったため、足元での急速なモメンタム好転がインパクトにつながっている。