ギグワークス<2375>は30日、同社の連結子会社であるGALLUSYSの株式の一部(15%)を、秋元康氏とその関係者に譲渡することを発表。同社は、作詞家、プロデューサーである秋元康氏及びその関係者と様々な協力体制を構築していく事に合意している。



譲渡株数は、秋元康125株(議決権の個数:125個)、議決権割合12.5%。秋元伸介25株(議決権の個数:25個)、議決権割合2.5%。譲渡価額は当事者間の守秘義務により非公開。株式譲渡契約締結日は2024年1月30日、株式譲渡実行日は2024年2月29日。



GALLUSYSは、2020年9月に設立され、写真を中心とした独創的なアプリ開発を得意としており、2023年10月にはスマホカメラを活用したGame-Fi体験を提供する、新しいSnap to Earnサービスである「SNPIT」をリリースするなど、今後の同社グループ業績への貢献期待が高まっている同社の連結子会社。また、GALLUSYSは、秋元康が「SNPIT」のストラテジックアドバイザーに就任しており、今回、同社が保有するGALLUSYSの株式15%を譲渡することで、関係強化を目指していく。