SBテクノロジー<4726>は31日、2024年3月期通期(2023年4月1日~2024年3月31日)連結業績予想の修正と配当予想の増配を発表した。

2024年3月期通期連結業績予想の売上高は前回発表予想比1.5%減の670億円、営業利益は同5.1%減の56億円、経常利益は同5.2%減の54.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同1.2%増の83億円、1株当たり当期純利益は417円44銭。

主に子会社であるサイバートラスト<4498>の業績予想の修正の影響で、売上高・営業利益・経常利益が前回発表予想を下回る見通しとなった。一方、フォントワークスの株式等譲渡の影響により、親会社株主に帰属する当期純利益については前回発表予想を上回る見通しとなった。

配当予想は前回発表予想では期末30円00銭、年間合計60円00銭としていたが、今回期末は40円00銭、年間合計70円00銭へ修正した。今回の通期業績予想の修正を踏まえ営業利益での増益を確保できる見込みであることから増配に至った。