アドバンテス<6857>は反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は268億円で前年同期比34.9%減となり、市場予想を50億円近く上回ったとみられる。また、通期予想は従来の800億円から850億円、前期比49.3%減に上方修正、市場予想並みの水準に引き上げている。メモリテスタの能力増強に伴う売上増などが上振れの背景とみられる。市場の高い期待感は反映されていたとみられるが、コンセンサス並みの上方修正受けて買い安心感が先行。