霞ヶ関キャピタル<3498>は31日、同社が開発用地のソーシングおよび企画立案を行った大阪府大阪市に所在する物件について、東急不動産株式会社(本社:東京渋谷区)が組成・出資する合同会社に持分の10%を売却決済したことを発表した。

当物件は、2023年8月30日および11月30日付の「販売用不動産(物流施設開発用地)の一部持分売却に関するお知らせ」にて公表済みの不動産。物件種類は土地(物流施設開発用地)、アセットタイプは冷凍自動倉庫、敷地面積は17,355.28平方メートル。