GMOメディア<6180>は5日、2023年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比12.1%増の62.66億円、営業利益が同72.0%増の5.33億円、経常利益が同75.7%増の5.40億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同97.4%増の3.61億円となった。



メディア事業の売上高は前年同期比13.2%増の54.46億円、営業利益は同159.8%増の3.85億円となった。同社自身の顧客基盤を持ち、Web・アプリで運営するサービスである同事業は、投資育成事業を中心に成長した。



ソリューション事業の売上高は同5.1%増の8.19億円、営業利益は同8.2%減の1.48億円となった。自社メディアの機能を外部展開し、提携パートナーのサービス収益化やエンゲージメントの向上を支援するサービスである同事業は、一部案件の停止があったもののユーザー数が堅調に成長した。



2024年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比10.1%増の69.00億円、営業利益が同21.7%増の6.50億円、経常利益が同18.4%増の6.40億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同16.2%増の4.20億円を見込んでいる。



同日、今年度の業績が2023年11月6日に発表した業績予想を上回ったことを踏まえ、期末配当金について、直近の配当予想より1株あたり9.00円増配の105.00円とすることを発表した。