■業績動向



1. 2024年3月期第3四半期の業績動向

TDSE<7046>の2024年3月期第3四半期累計の業績は、売上高1,875百万円(前年同期比7.3%増)、営業利益180百万円(同23.0%減)、経常利益180百万円(同22.7%減)、四半期純利益123百万円(同6.6%減)と、増収減益となった。特に第3四半期3ヶ月の業績が、売上高629百万円(同4.6%減)、営業利益64百万円(同41.4%減)、経常利益63百万円(同41.9%減)、四半期純利益42百万円(同42.8%減)とブレーキがかかった印象で、累計の進捗率も売上高は72.4%(前年同期は72.3%)だったが、営業利益が64.1%(同88.0%)と先行投資が前倒しされた結果となった。



減益の要因は、中期経営計画「MISSION2025」で計画していた成長のための先行投資を前倒ししたことが大きい、さらに加えるとプロダクト事業は好調だったが、コンサルティング事業の業績が想定より下回ったことにある。先行投資の内容は新製品の導入や技術人員の拡充であるため、2025年3月期以降の収益に貢献する見通しである。一方、売上高が想定よりも拡大しなかった点を踏まえ、既に課題を分析し解決策を講じているという。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)