銘柄名<コード>22日終値⇒前日比

ピジョン<7956> 1536 -60

1600円処は抵抗線として意識も。



KADOKAWA<9468> 3079 -121

21日は長い上ヒゲ残して伸び悩みで。



GMOインターネットグループ<9449> 2476 -97.0

2600円レベルのもみ合い下放れから追随売り優勢。



ワコム<6727> 626 -14

特に材料もなく上値の重さ意識した短期資金の売りか。



イズミ<8273> 3634 -91

システム障害で事業停滞などと報じられている。



ウエルシアHD<3141> 2561.0 -77.5

ディフェンシブ系銘柄は相対的に物色圏外に。



山大<7426> 2303 +400

花粉症関連として人気だが仕手化の様相に。



フュートレック<2468> 287 +54

エヌビディア関連としてはやされる格好か。



テーオーHD<9812> 537 +80

山大と連れ高する形でのマネーゲームに。



日本電子材料<6855> 2209 +229

半導体関連一斉高の流れに乗る形へ。



フォーサイド<2330> 295 +44

値動きの軽い低位株として短期資金の関心続く。



レイ<4317> 463 +26

24年2月期の配当計画引き上げを発表。



ペッパーフードサービス<3053> 127 -16

真空地帯を手仕舞い売りに押される展開。



ハブ<3030> 801 -73

株主優待制度の拡充を材料視で21日に急伸の反動。



Aiming<3911> 261 +18

コロプラと資本業務提携。



バーチャレク<6193> 1019 +76

発行済株式数の2.74%上限の自社株買いを発表。



サマンサJP<7829> 103 -22

コナカと株式交換による経営統合で基本合意で21日ストップ高。

22日は売り優勢。



サイバー・バズ<7069> 2280 -129

19日高値で目先達成感。手仕舞い売り継続。



くふうカンパニー<4376> 295 -23

発行済株式数の4.8%上限の自社株買い発表で21日ストップ高。

22日も買い先行したが失速。



デジタリフト<9244> 1770 +67

21日まで4日連続ストップ高。22日も買い先行するが利益確定売り優勢。



ファーストA<5588> 2723 +84

21日に上場来高値更新し先高期待高まる。



デジプラ<3691> 598 -32

「地域ギフト」の提供開始で21日一時ストップ高だが長い上髭となり

22日は売り買い交錯。



インフォネット<4444> 1386 +4

人流データ分析企業と資本業務提携で買い先行だが上値が重い。



ペルセウス<4882> 371 -47

引き続き新株予約権2万9000個発行による希薄化を懸念。