タカショー<7590>



2024年1月期業績予想の修正を発表。売上高は192.50億円から194.11億円、営業損失は1.50億円の赤字から1.08億円の赤字に上方修正した。プロユース事業において、住宅着工数の減少など事業環境が厳しいなか、ブランド価値の向上を目的に、テレビCMとWEBプラットフォームを連動させたDX型販売促進活動を積極的に行った結果、取引先からのブランド指定による受注の増加や、夜の庭を演出する屋外照明「ローボルトライト」関連商品の販売が順調に伸びた。





大塚HD<4578>



2月12日にマドを空けての下落となったが、同日に付けた5030円を安値に長い陽線を形成してリバウンドを強めており、その後の上昇で25日線を上放れてきた。一目均衡表では雲上限に沿ったリバウンドを見せるなか、遅行スパンは実線に接近し、上方シグナル発生が射程に入ってきた。1月高値5977円を意識したトレンド形成が期待されよう。