■株主還元策



ティアンドエス<4055>は、将来の成長が見込まれる分野における新しい技術取得への投資を通じて企業価値を向上させることを経営の重要課題と位置付け、これを実現することが株主に対する利益還元であるとしている。利益配分に関しては、企業価値向上を実現するために必要な内部留保の確保を優先しつつ、業績を考慮した適切な配当を継続して実施することを基本方針としている。



この基本方針の下、2023年11月期は1株当たり6.55円の配当となった。2024年9月期に関しては、1株当たり7.00円の増配を予想している。決算期末が変更になったものの、現時点では配当予想に変更はない。ただ、配当性向に関しては、期初の想定よりも上がることが想定されるものの、現時点では未定となっている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 清水陽一郎)