日産証券G<8705>は大幅続伸。配当方針の変更、並びに今期の配当計画を発表している。安定した配当を継続的に行っていくことを基本方針としていたが、今後は、資本効率の向上を意識しつつバランスの取れた配当の実施を基本方針とし、自己株式取得を含めた総還元性向60%以上に定めるとしている。これに伴い、未定としていた期末配当金は6.5円とし、年間配当金は前期比4.0円増の7.5円配にするとしている。