■株主還元策



ラクト・ジャパン<3139>は株主への利益還元を経営の最重要課題と位置付けており、中長期的な成長実現のために、アジア事業への投資と財務体質の強化を両立させながら、安定配当をベースに増配と配当性向の向上を目指している。2022年11月期までは期末の年1回配当を基本方針としてきたが、株主への経営成績に応じた利益還元機会の充実を図るため、2023年11月期から年2回配当を実施することとした。2023年11月期は、中間で1株当たり24.0円の配当を実施し、期末も同額で年間48.0円配当と前期比8.0円の増配としている。配当性向は23.2%と前期を5.9pt上回る。2024年11月期は、1株当たり年62.0円(中間配当31.0円、期末配当31.0円)と14.0円の増配を予定している。配当性向も25.7%と前期を2.5pt上回る予定だ。なお、配当に加えて株主優待も実施しており、株式の継続保有年数に応じてQUOカード、またはカタログギフトを年1回進呈している。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 松本章弘)