■株主還元策



京橋アートレジデンス<5536>は、株主に対する利益還元を経営上の重要政策として認識し、業績の状況、取り巻く環境及び中長期における財務体質の展望を勘案し、継続的かつ安定的に実施することを基本方針としている。同社は、配当を行う場合、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としている。この剰余金の配当の決定機関は、株主総会である。現在は成長過程にあるため、内部留保の充実を図るとともに、さらなる成長に向けて資金を有効活用することが株主に対する最大の利益還元につながると同社では考えている。今後の配当については、財政状態、経営成績及び事業計画を勘案し、内部留保とのバランスを図りながら実施を検討する方針である。なお、同社は取締役会の決議によって、中間配当を行うことができる旨を定款に定めている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)