■業績動向



1. 2023年12月期の業績概要

サイオス<3744>の2023年12月期の連結業績は、売上高で前期比10.2%増の15,889百万円、営業損失で208百万円(前期は572百万円の損失)、経常損失で15百万円(同499百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失で18百万円(同639百万円の損失)となり、同社がKPIとするEBITDAは147百万円の損失(同469百万円の損失)、ROICは-10.1%(同-25.1%)だった。



2期連続の損失計上となったが、持続的成長を実現する経営基盤を構築するための期間として、新製品・サービスへの先行投資や人員を増強したことが主因であった。「LifeKeeper」のほか「Gluegentシリーズ」などのSaaS・サブスク事業等が伸長し、売上総利益は前期比11.8%増の5,216百万円と2期ぶりに過去最高を更新した。販管費が2021年12月期の4,526百万円から、2022年12月期に5,239百万円、2023年12月期には5,424百万円と増加が続いたが、主に先行投資や人件費、マーケティング費用の増加によるものである。研究開発費については、2021年12月期の638百万円から2022年12月期には838百万円に増加し、2023年12月期も839百万円と高水準が続いた。なお、営業外収支は、投資事業組合運用益82百万円の計上や為替差損の減少により、前期比で119百万円改善した。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)