戸田工業<4100>は25日、鳥取大学と共同で研究開発を行い、同社が独自に開発した酸化鉄の一種であるナトリウムフェライト(NaFeO2)がナトリウムイオン電池の負極として優れた特性を示すことを発見した。



ナトリウムイオン電池は、資源が偏在することで供給不足と価格高騰のリスクが存在するLiとは対照的に、ほぼ無尽蔵で安く入手できるNaを用いるため資源と価格の面で有利な次世代蓄電池。本研究では、ナトリウムフェライトを使用することで、他の金属との複合化を行うことなくその高容量を効果的に引き出せることを発見した。現在のリチウムイオン電池には高価なコバルトやニッケルが使用されているが、本研究では安価で資源豊富な鉄系材料を負極と正極に用いてナトリウムイオン電池を構築できることを実証した。