■株主還元策



富士ソフト<9749>は2023年12月期の1株当たり配当金として、中間配当68.0円を実施し、期末配当は予定どおり34.5円としている。同社は、2023年6月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する同社普通株式を1株につき2株の割合をもって分割を実施した。なお、配当性向について同社は、2022年2月に公表した中期経営戦略において株主への配当性向も35%以上と決定した。目下予定どおりの配当を行っている。



また、「中期経営計画 2028」で公表した、2028年まで5年間におけるキャピタルアロケーションによると、不動産流動化等の時期に合わせて1,000億円以上の自社株買いを実施することを発表している。不動産の売却益は普通配当の原資には含めず、自社株買いにて還元することを検討している。



2024年12月期については、事業の成長性、安定性、資本効率などの状況を総合的に勘案し、1株当たり当期純利益を333.8円、1株当たり配当金を年間84.0円(中間配当42.0円、期末配当42.0円)としている配当性向は25.2%となる予定だが、2024年度12月期における、不動産流動化対象レベル「A判定」とした物件8件の売却益59億円(税後)を当期純利益から除いた場合の配当性向は35.1%となる。また、2023年12月期の遡及修正後の年間配当は68.5円であることから、実質的に前期から増額となる。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)