霞ヶ関キャピタル<3498>は大幅続伸。大和証券では投資判断「1」を継続し、目標株価を15600円から20000円に引き上げている。足元では仕入れの加速が顕著となっているが、財務面にも余裕がみられており、今後も積極的な仕入れ活動が続くと判断。25年8月期以降も蓄積が進むパイプランをベースに高い利益成長が続くとみている。また、昨今ではインフレが意識される中、不動産株を割引いて評価する見方もやや減少したと考えているようだ。